Honmushi blog
2019/02/07

【おすすめ読書】パソコンの仕組みの絵本

パソコンの仕組みをイラストなどで解説しています。わかりやすく説明されているので、なんとなくパソコンを難しそうだと思って避けてしまっている人におすすめです。

イラストや画像が多くサクサク読めます。専門的な知識も必要としないので、パソコンを触ったことがあるくらいの人なら誰でも読めると思います。

ざっくり紹介

パソコンの仕組みに関する本です。自作PCなどで分解したことある人には結構馴染み深い画像が多いです。 大学の情報学部では、PCを分解してこの本のような勉強を行いました。

プログラミングをする上ではあまり必要ではないといってもいいです。知っておいたほうがいいですが、あまり使う知識はないです。

もっとハードウェア的な役割や名称についての内容です。パソコンまわりで使われる用語や規格に関する内容です。全然パソコンについて詳しくない人が概要をつかむために読むならおすすめです。イラストや画像が多くわかりやすいですし、なるべく難しい表現をしないようになっています。

何らかの機会にパソコンを分解する必要がある、分解してみたいという人におすすめです。この部品が何という名前で何をするための装置なのかといったことを、理解しながらすすめることができます。

プリンタやマウスなど周辺機器についての説明も含まれています。それほど詳しい内容ではありませんが概要を理解するのにちょうどいいです。

おわりに

わかりやすく解説されて入るのですが、たくさんの単語が出てくるので憶えるのは大変です。全部の意味を覚えようとしないで、この本に書いてあったな、ということをなんとなく覚えておくのがいいです。

普通に読んでも十分に理解が進むと思います。更に、パソコンを分解しながら読んでいくと理解が深まって良いです。

すでに理解している人にとっても、わからない人に説明するときの資料や説明の参考になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOMEPROFILEPRIVACY POLICY