Honmushi blog
【おすすめ読書】筆ペンで描く鳥獣戯画2019/03/18

【おすすめ読書】筆ペンで描く鳥獣戯画

なんとなくやってみようと思って手にとって見た本です。 筆ペンを使って鳥獣戯画を書きます。薄い線をなぞったり、移したりしながら練習できる本になっています。

応用として、さまざまな場面で使えるようなアレンジについても紹介されています。ちょっとしたメモであったり、ラクガキであったりに使うことができるとおもしろいです。年賀状とかお手紙なんかにもいいと思います。鳥獣戯画っぽい書き方を身につけると、どこかで役に立ちそうです。

鳥獣戯画

少し前に人気が上がっていました。 京都の博物館とかで公開されたそうで人気だったようです。今は落ち着いたのかと思いますが、たまに見かけますね。

平安時代に書かれた戯画で、その成り立ちや情報についても紹介されています。

基本となるうさぎ・かえる・さる以外にも、他の動物も収録されています。鳥獣戯画には描かれていなかった現代の道具なども、鳥獣戯画っぽいアレンジで紹介されていおり真似することができます。

電話を書けるうさぎとか、入学式の親子うさぎとか、ユニークなものばかりでおもしろいです。

お手本を見たりなぞったり

基本的にはお手本を真似して何度か描くという本です。最初は下書きをなぞる、次はザクッとした輪郭をなぞる、次は枠の中で描く、最後に真っ白な紙に描く、といった感じです。 鳥獣戯画を描くのは思ったよりも難しいですが、何故かそれっぽくなります。

書き方には書き順やポイントとなる箇所が載っているのですが、結構盛りだくさんです。ただ、筆ペンで書いていることも手助けとなり、それっぽくなります。

もともとが漫画のような立ち位置なので、ちょっと崩れたり目が寄り目になってしまっても、面白くなります。

なるべく線を細くして筆ペン感を強く出せば、なんとなくですがそれらしく見えるように思いました。

おわりに

暇なときのラクガキとおすすめです。イラストの本格的な練習には物足りないので、息抜きやアイデアの一つとして取り入れるくらいになります。

筆ペンなんて子供の頃依頼触っていないという方にもおすすめしたいです。たまに触ってみると、それっぽいものが抱えるので楽しいです。文字もそれっぽく見えますよね。年賀状なんかを手書きで書いてみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加