Honmushi blog
yarnインストールの際にエラーがでた2020/01/15

yarnインストールの際にエラーがでた

ずっとnodeモジュールの管理にnpmを使っていたのですが、ふと思い立ったのでyarnを使えるようにしてみました。

特に必要はないかもしれませんが、npmよりもyarnのほうが動作が早いとかコマンドが短いなどの利点があるようです。詳細はあまり知りませんが、大抵の場合どちらかが使えれば大丈夫かなと思います。

今回aptを使ってyarnをインストールした際に、引っかかることがあったのでメモしておきます。 Ubuntuにて発生しました。

結論を先に言うと

aptでインストールしたyarnのバージョンが古いものだったらしく、正常に動作しなかったようです。

バージョン情報を更新してからinstallし直すことで解消し、正常に動作するようになりました。

エラーの内容

yarn を実行してパッケージをインストールしようとした所以下のエラーが発生しました。

ERROR: There are no scenarios; must have at least one.

yarn install としても以下のエラーが表示されました。

ERROR: [Errno 2] No such file or directory: 'install'

解決方法

yarnの最新バージョンを確認して再インストールすれば解消しました。

yarnを削除する

sudo apt remove cmdtest
sudo apt remove yarn

パッケージの情報を更新

curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
sudo apt-get update 

再インストール

sudo apt-get install yarn

これで正常に動作するようになりました。

おわりに

yarnが無事にインストールできました。 npmでも特に困ってなかったのでどちらでもいいのですが、せっかくなので使ってみます。何か気づくことがあったらまた記事にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加