Honmushi blog
gitコマンドの補完を有効にする2020/04/02

gitコマンドの補完を有効にする

bashにおいてgitコマンドのtab補完を有効にする方法です。

ubuntuでは最初からtab補完ができたのですが、macだと出来なかったので困っていました。 やり方わかったので忘れないように記事にします。とても簡単です。

補完の設定ファイルを探して、.bashrcにパスを渡すだけです。

git statusとかの補完はもちろんで、git checkout feature/user-login-formみたいなブランチ名なんかもtabで補完できます。 とても便利ですね。

設定ファイルを探す

多分gitをインストールしたときに、一緒に設定ファイルもインストールされているようです。その場所を探しましょう。 必要であればsudo使いましょう。

find / -name git-completion.bash

例えば以下のような場所にあったりします。人によって違うですので上記コマンドの出力を参考にしましょう。

/Library/Developer/CommandLineTools/usr/share/git-core/git-completion.bash

.bashrcに記述する

上記で取得したパスを.bashrcに記述します。 これで完了です。bash起動しなおせば、tab補完が有効になっているはずです。

source ~~~取得したパス~~~/git-completion.bash

おわりに

とても簡単です。一度やれば特に再設定の必要もないので、記事にするほどのことでもありませんね。 別の環境に移行するときなんかに便利なので記事にしました。

未設定の方や、何故かtab補完ができなくて不便に思っている方はぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加