Honmushi blog
React Native Upgrade Helper の紹介2020/10/12

React Native Upgrade Helper の紹介

React Native Upgrade Helper の紹介です。

React Native のバージョンをあげるときの参考にしているサイトで、とても助かっているので紹介します。 公式でも紹介されているのでご存じの方も多いでしょう。

React Native をバージョンアップする際には、Info.plistやgradlewなど変更を必要とするファイルがいくつかあります。それらの必要な修正内容を教えてくれるサイトです。

URL

以下のURLからアクセスできます。getパラメータで対象のバージョンを指定することもできます。

https://react-native-community.github.io/upgrade-helper/

使い方

左側に現在のReact Nativeのバージョン、右側に更新先のバージョンを設定します。 その後真ん中のボタンを押せば、修正が必要なファイルを差分で表示します。

package.json やPodfile、 Info.plistにbuild.gradleなどの修正が必要な箇所と内容を表示します。 内容に従って、該当ファイルを修正してビルドしましょう。

おわりに

React Native のバージョンアップを行うと、関連パッケージの更新やネイティブ関連のライブラリアップデートが必要になるので、エラーを確認しながら都度対応していく必要がありました。 しかし、このページのおかげで必要な修正を簡単に把握できるのでとても助かっています。

React Native で開発する上でとても便利なページですので紹介しました。他にも便利なものを見つけたら紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加