iOS シミュレータの便利コマンド2021/08/26

iOS シミュレータの便利コマンド

Mac で iOS シミュレータを動かしている時の便利なコマンドのメモです。

画面をタップして諸々の操作は可能ですが、物理端末とは違うのでできない操作や、動かしづらい操作があります。

開発の際に個人的によく使うコマンドをメモしています。

便利コマンド

  • ctrl + cmd + z 振る。Expo の場合メニューが出るので便利
  • cmd + s 画面のスクリーンショットを取る
  • cmd + k キーボードのトグル
  • shift + cmd + h ホーム画面へ
  • shift + ctrl + cmd + h App Switcher バックグラウンドアプリ選択
  • cmd + r 画面を録画
  • cmd + , シミュレータの設定
  • cmd + ← シミュレータを左に回転
  • cmd + → シミュレータを右に回転
  • cmd + h シミュレータを非表示
  • cmd + m ウィンドウ最小化
  • cmd + ↑ 音量アップ
  • cmd + ↓ 音量ダウン
  • shift + cmd + a ダークモード切り替え
  • alt + cmd + - 文字サイズ縮小
  • alt + cmd + + 文字サイズ拡大
  • cmd + / シミュレータのシステムログの表示
  • cmd + 1 ウィンドウを物理サイズに設定
  • cmd + q 終了

おわりに

シミュレータで使えるコマンドはそれほどありませんが、端末を振ってExpoのメニュー出す・スクリーンショット取る・キーボードのトグルなどは使う機会多いので、覚えておくと良いです。

Android でもコマンドあるはずなので、機会があればそちらもまとめておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加