Honmushi blog
2018/12/13

【おすすめ読書】「自分の仕事をつくる」

働き方研究家の著者による、ワークスタイルの探検報告です。 仕事や働き方に対する固定化された概念が揺さぶられます。

イマイチ自分のやっていることに意味が見いだせないという方や、このまま続けていていいのか漠然とした不安を持っている人におすすめしたいです。働くことのモチベーションや会社にもやもやすることがある人にもおすすめです。

タイトル 自分の仕事をつくる
著者 西村 佳哲
出版 ちくま文庫
画像リンク

なぜ読んだか

昔会社で支給されて読んだことがありました。「主体的に仕事をする」とはどういうことなのかということで読んだのだと記憶しています。 あれから結構時間もたったので、もう一度読み直してみようと思いました。

概要

著者による働き方研究の成果がまとめられています。自分の仕事とはなにか、仕事とは何かということについて様々な業界の著名な人にインタビューした内容が書かれています。

かなりクリエイティブなデザイナーなども出てくるので、自分とは程遠いのではないかと感じるかもしれません。しかし、言っていることは共感でき、はっとさせられることが多くとても面白いです。 常識化している、仕事や働き方の概念が揺さぶられます。

主体的に仕事をするためのノウハウなどはありません。ただし、マネージャなどへのインタビューもあるので「組織に主体的に働いてもらうにはどのようなことを意識すればいいか」といったことは結構参考になります。

特徴

色んなジャンルの人に対して行うインタビューの形式です。途中途中で似た事例や参考になりそうな情報や逸話などを紹介しており、読みやすくなっています。

文字は少なめで、数値とか用語とか難しいものはあまりないのでさくっと読めます。

印象に残ったこと

仕事を「自分の仕事」にする

やっぱりクリエイティブな人はどこか違うんだなーという感想もあります。ただ、いつかどこかで誰でもが感じたことがあるような疑問などに突き動かされているのかもな、という印象も同時に思いました。

それを突き詰めて考えるか、それともある程度で蓋をして周りに合わせるか、といった違いの様に感じました。 自分がしっくりこないことを疑問に思うこと。素通りせずに意識し続けること。なかなか普通の人にはできないことだなーと思います。

主体は働く人

働くに当たって主体は「働く人」なはずなのに、仕事が主体になっており本人はまるで他人事の様な構造になっています。言われたことをやるとか、これでいいのだろうかと疑問を持ちながらこなすなどの状態です。

自分を大切にする、自分らしさを模索し続けることが大切なようです。簡単そうに言いましたが、難しいです。

要素還元

「要素還元」という方法が紹介されていました。 魅力的な物事に共通する法則を見出そうとするとき、好きだけど理由がわからないものをいくつか並べてみるのだそうです。

自分が心地よく感じ安心できる場所はどんな場所・物なのか、価値観のゼロ地点を探します。 このような判断ができる判断力がないと、他人が使って気持ちいいものも生み出すことはできません。 情報に埋もれる現代においてなくしてしまった能力です。

豊かさの実感が満たされない理由

ものがいくら充足していても、豊かさの実感が満たされない理由について書かれていたので紹介します。

絶対的に必要とされ、その意義があらかじめ約束されているものがこの世の中にどれほどあるのか。 例えば、「花を生けること」は必需ではない。しかし、それを「意味がない」ということに意味はなく、花を生けようと思う気持ちに尊い意味があるのではないか。

足りないとかムダと指摘したり感じることに意味はなく、作りたいとかやってみたいという気持ちや興味に豊かさがあるのではないでしょうか。 この気持ちは本人にしかわからず、他人には見えないものだろうなと思います。

まとめ

自分の仕事をつくる、というテーマについて考える中で、常識化している仕事の概念が考え直させられます。

人は能力を売るというより、仕事を手に入れるために会社へ通っているのではないでしょうか。

  • 会社は仕事を売っていて、私達はその仕事を買いに会社に通う
  • 仕事を買うための対価は私達の時間
  • 会社から買った仕事をすることで社会への貢献など、社会との関係付けができ満足感を得たい

この本では仕事について、会社からもらうのではなく自給自足できるようになるべきという意見がありました。主体は自分自身にあるということなのでしょう。

消耗している人も今はそうでない人も、今一度色んな仕事のあり方に触れて仕事との向き合いかたを考えてみるのはどうかと思います。

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOMEPROFILEPRIVACY POLICY