Honmushi blog
【おすすめ読書】2階から卵を割らずに落とす方法2019/01/09

【おすすめ読書】2階から卵を割らずに落とす方法

科学や物理の発明の歴史を紹介する本です。 結構分厚い本ですが、紹介している発明も35個くらいでそんなに多くありません。イラストや図も多いです。

副題にあるとおり、科学の歴史を「実験」で振り返るということなので、テーマごとに実験が用意されています。どれも家庭でちょっと準備すればできそうなものばかりなので、お子さんの夏休みの自由研究とかには良さそうです。

タイトル 2階から卵を割らずに落とす方法
著者 ショーン・コノリー
古谷 美央
出版 ディスカヴァー・トゥエンティ・ワン
画像リンク

ざっくり紹介

科学や物理の発明の歴史を紹介しています。

ざっくりの概要と、こんな人物が発明したんだよという紹介が主な要素です。 各テーマの終わりには実験が用意されており、実際にやってみるとより興味を持てるのではないかと思います。

特に難しい知識などは必要なく、昔授業で聞いたなあと言うようなものから、初めて聞くようなものまで色々揃っています。

タイトルからは把握できませんでしたが、多大な発明には「破滅の危機」がついて回るものであり、偉大な発明家たちはその「破滅の危機」を乗り越えてきたのである。ということが通したテーマとして語られています。

理論を立証するための実験であったり、発明そのものの利用法であったり、何かしら破滅の危機を持っていた。しかし、それよりも人類の倫理や応用によって、より多くの利益を生むことができました。偉大な発明家に感謝しながら簡単な実験を行うことで、その体験を少しでも理解しようというものでした。

おわりに

科学や物理の本って難しそうに見えますが、こういう入門的なものはとても簡単です。この本は特に難しいことは書いておらず、小中学生にもおすすめです。

テーマの順番は時系列に並んでいるので、この発明はこの発明よりも前だったのか!という発見はあるかもしれません。

2階から卵を割らずに落とす方法 科学の歴史を実験で振り返る本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加