Honmushi blog
2019/02/05

【おすすめ読書】なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

「スピードは最強の武器である」という考え方と実践方法について、元マイクロソフトのプログラマー中島さんが書いた本です。ビル・ゲイツから学んだ時間術を紹介しています。

まるで自分のことを言っているのかのようなタイトルで、ビクッとしてしまうかもしれません。 内容は参考になることが多く、プログラマーの人には特におすすめです。もちろんそれ以外の業種の方にも大いに参考になると思います。

概要

すべての人に平等に与えられる時間を最大限に、かつ効率的に運用するための考え方や方法が書かれています。「ロケットスタート時間術」といいます。方法については4,5章で紹介されているのですが、そこまでの1〜3章も意味を知る上で読んでおくといいです。共感できることが多いです。残りの6章も、応用としておもしろいです。

  1. なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

    今までの自分の仕事を振り返ります。 締め切り間近になって取り掛かる「ラストスパート型」という思考に目を向けて、その状態に陥っていないか振り返ります。

    ズバリ終わらない原因は「安請け合い」「ギリギリまでやらない」「見積もりしない」ことです。 これらの事実を見直し解決できれば、仕事は終わるはず!です。

  2. 時間を制するものは、世界を制す

    最初から100%は目指さない。必ず作り直しになるし、評価を恐れない。時間を守れない人と思われるよりも全然マシです。

    遅刻しないように、待ち合わせの30分前に自分の中で待ち合わせ時間を再定義して、スタバでゆっくりします。すなわち、約束の時間にその場所にいることが重要で、間に合う予定の電車に乗ることではありません。受け取った約束を自分の中で再定義します。

  3. 「ロケットスタート時間術」はこうして生み出された

    夏休み終盤に海に誘われたが、宿題が残っていていけなかったことから意識が変わったそうです。 翌年からは、さっさと夏休みの宿題を終わらせたそうです。やりたいことをやるために、やりたくないことを速攻で終わらせる考えです。

    まず作ってみて、見せてみることでチャンスが生まれます。誰より速く作って動かしプレゼンすることで企画として認められたそうです。

  4. 今すぐ実践ロケットスタート時間術

    「常に締め切りを守ること」は100人に1人もできないそうです。ラストスパート思考が諸悪の根源です。最後に頑張ればなんとかなる、という考え方が根底にあります。

    例えば10日くらいでこれやっといてと言われた場合

    1. 見積もり期間として2日もらう
    2. この2日をロケットスタート期間として、「ほぼ完成」まで持っていく
    3. 「ほぼ完成」まで行かなかった場合、スケジュールの調整を交渉

    最初の2割の時間で8割完成させます。残りの8割の時間は流しの時間で、残った2割のブラッシュアップ・クオリティ向上に取り組みます。前倒しで仕事に取り組むことが大切です。

  5. ロケットスタート時間術を自分のものにする

    ロケットスタート時間術をさまざまな場合にカスタマイズします。長期にかかる仕事であったり、いくつか並行して進むような場合のは話です。

  6. 時間を制するものは、人生を制す

    これまでの時間術を人生に役立てるためのノウハウです。勉強法であったり仕事の選び方などが紹介されています。

    これまでのノウハウを活かして行動することで、自分のやるべきことに集中して取り組むことができます。自分が幸せになれることをやる、やり続けることで幸せを手にできたそうです。嫌なことにも期限を切って、自分の目指したいものにフォーカスすることが大切です。

特徴

プログラマー特有の時間管理術や見積もり術が多いです。情報系の職種であれば、そのまま取り入れることができると思います。大きな根本の部分は他のあらゆる職種で共通していることもあると思うので、参考にはなると思います。

最後には読みっぱなしで終わらないように、明日から始めるべきことや具体的な行動(明日の仕事のタスクリストをつくる・明日の仕事は午前中で終わらせる!)が書かれています。 確かに、読んで満足してそのまま取り組まないということはよくあります。ですので、この本の内容に従ってこれらにもしっかり取り組めるといいです。

おわりに

タイトルからそうですが、まるでエンジニアのあるあるが詰まっており、自分のことを言い当てられているかのような印象でした。

ロケットスタートを意識して取り組むことは最初は難しいですが慣れれば簡単になります。サクサク進んで、締め切り頃には余裕がある仕事というのは気分がいいです。結局使う体力は同じはずなので、より気分良くできる方法に出会えるのが良いです。ロケットスタート時間術を使いこなして、ゆとりある時間を送れるようになりたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOMEPROFILEPRIVACY POLICY